トップProcessing>Processingで画像処理入門
0コメ

Processingで画像処理入門

Processing言語で画像処理する方法を紹介します。
2015年07月29日21:06

スポンサーリンク

Processingの概要

Processingは、Casey ReasとBenjamin Fryらによって開発された、電子アートとビジュアルデザインに特化したオープンソースのプログラミング言語であり、統合開発環境です。 プログラミング初心者が学習するのに適しています。


最新版(3.0)では、Processing独自の言語以外にJava、Python、javascriptでもコーディングできる機能がついています。


プラットフォームはWindows、Mac OS X、Linuxに対応しています。

※非公式ですが、OpenCVを使うことも出来ます。

【追記】本記事は下記URL先に移転しました。 https://algorithm.joho.info/programming/processing/sample-code-p5/

OpenCV for Processing

顔検出や物体追跡など、高度な画像処理やコンピュータビジョン技術を扱いたい場合はOpenCVというライブラリを使ったほうが良いと思います。

このライブラリの使い方は下記事で紹介しています。

ProcessingでOpenCV入門

Processing言語とOpenCVを用いて画像処理プログラミングを始める方法を、入門者向けに紹介します。

Processingで画像処理プログラミング

Processingのインストール方法と使い方は下記事で紹介しています。

Processingのインストールが終わり、使い方を覚えたら画像処理プログラミングを始めていきます。

スポンサーリンク

※.コメントは承認制です。

Twitter
このエントリーをはてブに追加
COPYRIGHT NOTICE
当ブログは画像処理速報(改二)の管理人が運営しています。 当ブログはリンクフリーです。(自由にリンクしてもらって結構です) ただし、記事内容の正当性は一切保証できません。ご利用は自己責任でお願いします。
ブログに対するお問い合わせは
こちらに掲載しているメールアドレス、もしくはコメントフォームからお願いします。
Designed by ガル豚
画像処理速報(改二)@2013-2015